梅雨の生物第2段

いよいよ梅雨入りですかね。梅雨の生物第2段。水がないと生きていけない両生類。


そうです。カエルはオタマジャクシの時期は水がないと生きられません。普通のカエルは水の中に卵を産みますが、モリアオガエルは木の上に卵を生みます。

でも、木の上では水がありません。大丈夫なんですね。泡状の物質で卵を乾燥から防ぐんです。

でも、オタマジャクシになったらどうなるの。?

2枚めの写真のように、オタマジャクシになると、下に落ちてくるんです。

じゃあ、死んじゃうよ。大丈夫、ちゃんと池の中に落ちるんです。

池の上に張り出した紅葉の枝に産み付けられた卵塊
IMG_5192.jpg


オタマジャクシとなり落ちる瞬間
IMG_2112.jpg


こちらは池の端に卵を産み付けるシュレーゲルアオガエルの卵塊
IMG_2102.jpg






関連記事

ブログ村参加中、写真日記 のクリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

お急ぎ品はこちらで検索!

  

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック