歩く健康ソフトの使用雑感

健康維持のため歩数をカウントするアプリスマホに入れて比較してみた。


使用したアプリ4種

・宇都宮市健康ポイント(宇都宮市民限定)
Screenshot_20190618-095323.png


・体メイト(シャープ)

・グーグルFIT(グーグル)
Screenshot_20190618-095358.png


・あるくとAruku&(ONE Cop)

体験したアプリは以上の4つのアプリです。アプリは他にもありますが、現在はグーグルFITと宇都宮市健康ポイントを使用しています。

以下のデータは、4つのアプリのスマホのデータ等の使用量です。
 ・モバイルデータは宇都宮市健康ポイントとあるくとが結構使います。
 ・電池の使用量はどのアプリも概ね許容範囲です。
 ・アプリの容量は体メイトが少ないのが際立ってます。あるくとは、ゲーム性があるので大きくなってます。
 ・メモリー使用量は健康ポイントが一番多く2番めがあるくとです。

IMG_3621.jpg


それぞれのアプリのメリット・デメリットと最終的に選んだアプリの理由を書きます。

・宇都宮健康アプリ
 データ使用量やメモリ使用量は比較的大きいが、なんと行っても宇都宮市の予算で実施しているため、間違いなく商品がゲットできます。私のペースで1年間で3000ポイントは行くので、3000円のバスカードか図書カードがもらえます。
・グーグルFIT
 歩数のほか血圧も管理できます。データやメモリ使用量が少ないのと、宇都宮健康ポイントはグーグルFITと連携できるので使っています。
・体メイト
 以前のシャープのスマホに入っていて愛用していました。歩数で東京からどこまで歩いたか示してくれるので励みになりました。スマホ交換時に止めました。
・Aruk&あるくと
 一番ハマったアプリです。地図ソフトの中に現れるキャラクターに話しかけるとポイントが付きます。たまったポイントで様々な地域の名産品の抽選参加できるのがハマった理由です。また、全国何万人の中で歩数の順位がみるみるうちに上がるので気に入りました。
 しかし。なぜ止めたか。大きくは2つの理由があります。
 データ量とメモリはスマホを新しくしたのでさほど気にならなくなりました。順位も何万番から最大367位まで上昇しました。名産品の抽選も何十回も申請できました。
 一ヶ月使用しましたが、40万歩以上歩いて抽選に申し込んでも、1回も当たらず。1週間に10万歩以上歩いても数百番台から上にはいけない。体を壊す前にやめました(笑い)

最後に
 結果的には公共機関の健康アプリにしました。他社のアプリもそれぞれいいところがありますので、自分のほしい機能を活用するのが一番ですね。
  


関連記事

ブログ村参加中、写真日記 のクリックお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

お急ぎ品はこちらで検索!

  

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック