追分地蔵とは????

日光街道と例幣使街道の分岐

 「追分け」とは分かれ道のことです。昔は人通りもない山中での分かれ道は、旅人にとって大きな不安の一つだったのでしょう。

 この分岐点に建てられたのが「追分け地蔵」と呼ばれている道しるべなのです。

PXL_20240202_024437039_R.jpg

日光の追分地蔵です。立派ですね・・・

ここのお地蔵様は坐像です

PXL_20240202_024455184_R.jpg

すぐ脇にはくさ地蔵と二十三夜尊がありました

二十三夜祭ではこのあたりは賑わうようです

二十三夜祭は月待ち信仰のひとつなんですね


いろいろな月待信仰があります


関連記事
スポンサーサイト



コメント

Re: おはようございます

タムちゃん1961
 そうです。追分地蔵さんが道標からお祭りのお地蔵差へと変遷してます

おはようございます

TD
「追分け」とは分かれ道のことでしたか。知りませんでした。

「追分け」にお地蔵さんがあると、いい目印になりますが、
だんだんとエスカレートして、立派なお地蔵様になって行き、
道しるべ以外の目ろみとなりそうです。
非公開コメント

トラックバック