宇都宮の明るさはどれくらいかな

宇都宮市の駅東の我が家のベランダで夜の明るさを体験しました


ちょうど月が新月なのと、雲が少なめなので宇都宮でどれくらい星が撮影できるのか比較してみました。

レンズは24mm f2.8のパンケーキレンズです。

カメラはイオスkissなので、焦点距離は実際には50mm前後と狭くなってしまいます。

最近のカメラはISOが6400とか12800とかを設定できるので、かなり暗いところでも明るく撮れます。

そこで、ISOとシャッタースピードを変えながら星がどれくらい映るものなのか試してみました。

絞りは開放F値の2.8です

最初は一般的に天の川が撮影できるISO6400のシャッタースピード20秒です。

IMG_1318 15 6400_R

真っ白ですね。これ、星空です・・・・

シャッタースピードを短くしていくと0.8秒で何とか星が見えてきました。

IMG_1322 08 6400_R

でも全体が明るすぎて、小さな星は写りません。(下の方の明るい星は木星です。

そこで、ISOを3200にしてみました。シャッタースピードは0.8秒です。

このくらいの設定が一番星が撮れるような感じです。

でも、写真を拡大しないと見えませんね。

IMG_1323 08 3200_R

やっぱり、宇都宮の夜空はとても明るいなということで、星の撮影には向かないかなと感じました・・・

でも、ISO3200でシャッタースピードを1秒に設定し、連続撮影した写真を合成するとこのくらいの映像は撮れました。(2311枚の合成写真です)

outputR.jpg

空の明るさと広さを感じました。

時間があったら日光などでチャレンジしてみたいですね。







関連記事

よかったら、下記のポチお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
PVアクセスランキング にほんブログ村

カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック