清水寺は東山道に沿って天平年間に建立された

東山道との関連があるんですね


東山道と思われる道が関東ふれあいの道にありました。

その道に沿って金竜山清水寺があるんですね。

創建は天平年間(729~748年)、行基の開山と書いてありました。

別名「滝の観音」と呼ばれる十一面千手観音菩薩立像は文永二年(1265年)の製作と判明されています。

こちらと、大平山の大中寺の間の道が東山道だったんですね。

知らないことがつながるとうれしいです。


IMG_9203_R.jpg

清水寺です

IMG_9199_R.jpg

こちらが奥の院

IMG_9195_R.jpg

右東山道の看板があります。

IMG_9198_R.jpg

こちらには、東山道である所以が書いてあります。

ここを通って歩いて京都まで出かけてきたんですね・・・

登山で疲れrたとは言ってられません。

関連記事

比較してお得にゲット

にほんブログ村 写真ブログ 写真日記へ
にほんブログ村 写真ブログへ PVアクセスランキング にほんブログ村




カテゴリ別記事一覧

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック